このサイトについて 看護師をしている私は、よく人から看護師は天職だと言われます。確かに嫌いな仕事ではありませんが、そもそも天職とは何だろうとずっと考えてきました。このサイトで皆さんにも天職とは何だろうと考えて欲しいなと思いサイトを作成しました。サイトのお問い合わせ先:job_changea☆yahoo.co.jp(☆→@)

気持ちの入っていない言葉は逆効果

気持ちの入っていない言葉は逆効果

転職活動において大きなポイントとなるのが面接です。面接には有効な対策方法を持って挑む必要があります。しかし、一見効果的だと思えるフレーズも、自分の言葉になっていなければ意味がありません。では、効果的な話し方や言葉はどういったものになるのでしょうか。

表面的なフレーズは役に立たない

面接は経験を積んだ面接官を相手にするので緊張しますが、人と人との対話に変わりはありません。面接に効果的なフレーズを本やネット等で仕入れて面接に挑んでもすぐにバレてしまいます。なぜなら、表面的な言葉やセリフは自分の言葉ではないからです。ですから、少しでも質問が変われば応用がきかなくなり、たちまち質問に答える事さえできなくなります。そうなれば面接官に良い印象を与える事は不可能です。
もちろん有効な面接方法の情報を仕入れる事は悪い事ではありません。しかし、それに頼り切ってしまうのはいけません。使うなら自分の言葉を織り交ぜながら使うようにした方が良いですし、あくまでも情報の一部として知っておく程度にしておきましょう。

面接の対策方法とは

面接の対策で有効となるのは何でしょうか。それは本や面接方法のアドバイスではなく、自己分析です。面接対策と言うと、応募先の面接官に良い印象を与える事ばかり考えがちですが、優先すべきは自分自身の考え方です。面接官は色々な質問をしてきますが知りたい事はただひとつです。それは応募者の事をよく知りたい、それだけです。そのために色々な質問を投げかけてくるのですが、それに答えられない理由は、自分自身を良く知っていないからです。例えば、あなたが秘書の仕事の面接を受けるとしましょう。まずは自分に問いかけるとするなら
・自分はなぜ秘書の仕事に興味を持ったのか
・どんな仕事をしたくて転職したのだろう
・自分の強みを活かせるものは何だろう
これはほんの一部の問いかけですが、面接官も同様の質問をしてくるはずです。これらを明確に答えられないなら、答えられるまで考えてみましょう。場合によっては秘書の仕事をしたい訳じゃないという答えが出るかもしれません。自己分析をする事で、自分が本当にやれる仕事や、希望する仕事が明確になってくるはずです。自己分析は時間をかけてじっくり行うと良いでしょう。それだけ自分に対しての答えが見つかりやすくなります。

書き出す事が効果的

自己分析をするのは大変です。今まで自分について深く考えた事がないならなおさらです。最初は考えがまとまらないでしょうが、それでも諦めずに自分の気持ちに向き合っていくと少しずつ本当の自分が見えてきます。自分が少しでも見えてきたら紙に書いてみましょう。頭だけで考えているといつまでもまとまらないので、思いついた事を書きとめておけばどんどん整理がついてきます。最初は書いては消してという事が多いと思いますが、最後まで残った自己分析が明確な自身の特徴となります。最初は根を詰めずに短い時間で自分の気持ちと向き合ってみると良いでしょう。慣れてくればどんどん考える事ができますので、少しずつ深ぼりをして自分を理解していきましょう。
自己分析ができるようになれば面接はスムーズにいきますし、自分の言葉で話せるとどんな質問がきてもブレる事はありません。少しでも不安があれば、転職エージェントを利用して本格的な面接練習を無料で受けてみましょう。面接は自信を持って自分の言葉で挑める事が理想です。

オススメのエントリ